文字サイズの変更
標準
閉じる

駐日メキシコ大使が本學を訪問しました

更新日:2021.03.29

2021年3月22日、メルバ?プリーア駐日メキシコ大使が本學の若松キャンパスと戸畑キャンパスを訪問しました。

若松キャンパス(生命體工學研究科)では、メキシコ人留學生2名及び指導教員の柴田智広教授(大學院生命體工學研究科 人間知能システム工學専攻)との會談、研究室訪問?研究紹介、メキシコと本學との國際交流についての意見交換等を行いました。

その後、戸畑キャンパス(工學研究院)に場所を移し、メキシコ人ポスドク研究員が所屬する革新的宇宙利用実証ラボラトリーの見學、センター長の趙孟佑教授(大學院工學研究院 宇宙システム工學研究系)を交えて、本學とメキシコとの超小型衛星に関する連攜活動の紹介及び意見交換等を行いました。

尾家祐二學長、三谷康範理事、高崎秀紀理事との會談では、本學とメキシコとの國際連攜の拡大?発展のための具體的な提案や意見が交わされ、今後お互いに協力して展開していくことが確認されました。

今回の訪問によって、本學とメキシコとの國際交流が更に進展することが期待されます。


若松キャンパスにて(メルバ?プリーア大使、メキシコ人留學生=右:Mr. Raul、左:Mr. Salvador)

若松キャンパスにて(メルバ?プリーア大使、メキシコ人留學生=右:Mr. Raul、左:Mr. Salvador)


柴田教授を交えて意見交換

柴田教授を交えて意見交換


柴田研究室の紹介

柴田研究室の紹介


革新的宇宙利用実証ラボラトリーにて(趙孟佑教授とメキシコ人博士研究員:Dr. Rodrigo)

革新的宇宙利用実証ラボラトリーにて(趙孟佑教授とメキシコ人博士研究員:Dr. Rodrigo)


メキシコと九工大との國際連攜の発展についての協議

メキシコと九工大との國際連攜の発展についての協議


集合記念寫真

集合記念寫真


學長室より
工學部サテライトサイト
情報工學部サテライトサイト
生命體工學研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同參畫への取り組み
出前講義
障がいのある學生等への支援
災害への対応
九州工業大學基金サイト
明専會サイト
このページのトップへ
老司机深夜福利未满十八,深夜福利免费卫生纸请准备