文字サイズの変更
標準
閉じる

飯塚市大學応援寄附金(九工大へのふるさと納稅)

飯塚市大學応援寄附金について

「ふるさと納稅」とは、生まれ育った「ふるさと」を応援したい、貢獻したいといった納稅者の思いを実現するため、納稅者が「ふるさと」と思われる地方公共団體に寄附をされた場合、その一定限度までを所得稅と合わせ個人住民稅から軽減する寄附金稅制のことです。

この度、飯塚市のふるさと納稅の応援メニューに「大學応援寄附金【産學官連攜事業の推進等を応援】九州工業大學情報工學部への応援寄附金」の項目が設けられました。飯塚市と本學との包括連攜協定に基づき、大學支援及び産學官連攜事業の更なる強化を目的として実施されるもので、飯塚市は寄附金から必要経費相當額を差し引いた額を「大學応援補助金」として本學に交付します。


  • 飯塚市ふるさと納稅の応援メニューは、こちら。(外部リンク:飯塚市 HP)

本學における支援事業の概要


九州工業大學情報工學部と飯塚市の産學官連攜推進等に関する取組
 - 企業への學術指導、共同研究?受託研究や起業支援による産業育成
 - 小?中學校におけるICT教育の支援、リカレント教育の促進
 - 國際化推進に資する海外研究者の招聘?留學生の受入れ など

稅制上の優遇措置(控除等)について

地方公共団體に対する寄附金のうち、適用下限額(2,000円)を超える部分について、一定の限度(個人住民稅は所得割額の20%が限度)まで所得稅と合わせて全額控除されます。控除額は、寄附者の家族構成や所得額等によって異なります。

なお、この稅制上の優遇措置を受けるためには、寄附をした翌年に最寄りの稅務署またはお住まいの市區町村に申告が必要ですが、次の條件に該當する場合、確定申告を行わなくてもふるさと納稅の寄附金控除を受けられる仕組み「ふるさと納稅ワンストップ特例制度」があります。

 (1)寄附を行った年の所得について、確定申告をする必要が無い場合
 (2)1年間のふるさと納稅寄附先自治體が5つまでの場合

  • 寄附金控除の計算方法は、こちら。(外部リンク:飯塚市 HP)
  • 全額控除されるふるさと納稅額(年間上限)の目安は、こちら。(外部リンク:総務省 HP)
  • ふるさと納稅ワンストップ特例制度については、こちら。(外部リンク:総務省 HP)

寄附の流れ



寄附手続き

寄附申込書に必要事項を記入の上、飯塚市へ郵送、E-mailまたはファックスでお申込みください。

 (1) 払込票または納付書の送付
   飯塚市から金額を記入した払込票または納付書が送付されます。
 (2) 入金
   払込票または納付書により、金融機関の窓口で、ご入金をお願いします。
 (3) お禮狀及び寄附金受領証明書の送付
   ご入金が確認できましたら、飯塚市から2週間程度でお禮狀及び寄附金受領証明書が郵送されます。
 (4) 確定申告
   寄附金受領証明書をご持參の上、最寄りの稅務署又はお住いの市區町村等で確定申告をしてください。

 ※寄附申込書に記入いただいた情報は、飯塚市から提供を受けますが、寄附者への確認?連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。

<お申込み先>
 飯塚市市民協働部地域振興課ふるさと応援係
 〒820-8501 福岡県飯塚市新立巖5番5號
 TEL:0948-22-5500(內線1437)FAX:0948-22-5526
 E-Mail: furusato*city.iizuka.lg.jp
 (*を@に変えて送信ください)

お問い合わせ先

九州工業大學が実施する事業に関して

 九州工業大學総務課社會連攜係
 〒804-8550 福岡県北九州市戸畑區仙水町1-1
 TEL:093-884-3004 FAX:093-884-3015
 E-Mail: sou-renkei*jimu.kyutech.ac.jp
 (*を@に変えて送信ください)

飯塚市ふるさと納稅制度に関して

 飯塚市市民協働部地域振興課ふるさと応援係
 〒820-8501 福岡県飯塚市新立巖5番5號
 TEL:0948-22-5500(內線1437)FAX:0948-22-5526
 E-Mail: furusato*city.iizuka.lg.jp
 (*を@に変えて送信ください)


學長室より
工學部サテライトサイト
情報工學部サテライトサイト
生命體工學研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同參畫への取り組み
出前講義
障がいのある學生等への支援
災害への対応
九州工業大學基金サイト
明専會サイト
このページのトップへ
老司机深夜福利未满十八,深夜福利免费卫生纸请准备